ピュアアンドシルク

ピュアアンドシルク(pure&silk)が届きました

ピュアシルク届きました。

法令線が気になる人は多いかとおもいますが、なかなかほうれい線のためのコスメって選びにくいですよね。

私も迷いに迷って、ピュアシルクを選んで、手元に届きました!

■ピュアシルクの外観

外観1 外観2

外観1

正面からの写真

外観2

横からの写真

意外に気になるのが外観だったりしませんか?

実は私はとある白髪用のトリートメントを家族用に定期通販しているのですが、あきらかに「白髪用」とわかるような箱に入っているので、受取るときちょっと恥ずかしかったりするんです。

そんな気になるピュアシルクの外観はこんな感じです。

え?ってかんじ位のあっさりとした箱にはいっています。

コスメが入っているのか、はたまたPCパーツなのか、想像もつかないくらいシンプルな箱にはいっていますよね。

けど、ちょっと傾けるとこの通り。

さりげない可愛さが添えられているのです。

■ピュアシルクの頑丈性

ちなみに、ピュアシルクの外の箱、とてもしっかりとしたテープでとめられているので、運搬も安心だな、って思えます。

なかにもしっかりと緩衝材が入っているから、せっかくのかわいいパッケージが台無しになったりってこともありません。

とはいうものの、緩衝材って邪魔になるし、エコじゃない!って思うことが多いと思います。

けど、この通り。

開封時

実は紙の緩衝材のために、ギュギュっとするとあっという間に小さくなってくれるので、まったくもってゴミの量も多くないんです。

緩衝材

■ではいざ開封!

では実際にピュアシルクをみていきましょう!

この通りとても小さい箱です。

箱自体もとてもかわいいので、なんだか出してからすぐに捨てるのがもったいないくらいですよね。

pure&silkの箱

ピュアシルクのチューブ自体も、箱より一回り程度小さい感じで、チューブタイプのリップグロスなどより少し大きいかな?って程度になるのではないでしょうか?

ピュアアンドシルク

日々乾燥が気になる!って人は持ち歩くのもよいかもしれません。

そして、いざ中身をだしてみましょう!

手の甲にだしてみると、その柔らかさにすごく驚かされます。

手触り

勢いよく押すと、かなり出てきてしまいそうなので注意が必要ですが、その分取り扱いはスムーズで、使いやすいテクスチャになっているのではないでしょうか?

ジェルっぽいタイプのハンドクリームの使い心地を思い浮かべてもらえるとよいかと思います。

使いやすい反面、とても保湿力が強そうなので、今後使っていくのがとても楽しみになりますね!

さらにピュアアンドシルクの詳細を見たい方はこちら>>

ピュアアンドシルク(pure&silk)を使ってみました

ほうれい線、そこまでくっきりではないけど、明らかに存在を感じるようになってきたので、評判の良いピュアシルクを試してみることにしました。

使い方

■ピュアシルクの使い方

ピュアシルクの使い方はとても簡単なもののようです。

1,手に取ります。

手に摂る

清潔な状態の手にとることが大事です。

コットンなどにとってはいけないようです。

2,ほうれい線にのせていきます。

ほうれい線

ちょっと、写真ではいまいちな載せ方になってしまいました!

実際はもう少し点在させてのせなければいけません。

これは良くない例って思ってくださいね。

3、そっと伸ばしていきます。

頬の内側、顔の中心側から外側へ、なめらかに滑らせていきます。

滑っているうちだけ、このケアはしましょう。

滑らなくなったら、もうやらないようにしてください。

この行為によって、シワのびたり、クリームやお顔があたたまることでより浸透していくと考えたら良いのかもしれません。

4,ケアを行います。

その後通常のケアを行います。

化粧水、乳液、クリームなどになります。

ピュアシルクを使う上で、一番重要なのはやはり、お手入れの一番最初に行うということではないでしょうか?

ただ、日常的に乾燥が気になる時にささっと塗りこむのも当然良いことかと思います。

■ピュアシルクを使ってみて

1日目でほうれい線が消えました!とは、流石に言えません。

ですので、この感想としては、「ピュアシルクの使い心地」について書かせてもらいますね。

・におい

匂いは全くありません。

微かに、ごく普通の化粧品やハンドクリームにありがちな匂いがするかな?というくらいです。

けど、なんの匂い?といわれたら、こたえに困るほどの僅かな匂いで、決して嫌な匂いではないと思います。

ハンドクリームなどであれば、多少人工的な良い匂いでもいいと思いますが、顔の、そして鼻のすぐそばにつけるので無臭のほうが良いという人が多いかと思います。

・テクスチャ

すっごく、さらっとしてます。

さらっとしていて、それでいて瑞々しい感触ですね。

そのため、吸い込まれてる、という感覚と同時に、伸びてる!って感覚も受けると思います。

・使用後

しっとり感がとても良いです。

瑞々しすぎるタイプは、吸込み終えたあと乾燥をしてしまう印象があるかと思いますが、実際のところすぐに通常のケアをしなくても、ずっと瑞々しい感じです。

使い方も簡単で、使った感じもとてもナチュラルなので、普通にケアに取り込んでいけそうですね〜。

さらにピュアアンドシルクの詳細を見たい方はこちら>>

ピュアシルク使ってみて、1週間たちました!

さてさて、ほうれい線対策のために使い始めたのがピュアシルクになります。

いろいろ思うことがあって、ピュアシルクにしたのですが、それはさておき、最近の状態をみていきましょう!

使用前 1週間後

使用前

ピュアアンドシルクの使用前

1週間後

ピュアアンドシルクの使用から1週間後

どうでしょうか〜?

なにか変わった感じするかな?

個人的には、少しハリがでてきたなーという気がするのと、手触りがすごい良くなりました。

常にもっちりとしていて、口周りの乾燥などがなくなってきたという手応えですね!

■なぜピュアシルクにしたのか?

ところで、ほうれい線対策グッズって、世の中にはそれなりにあるかと思います。

そんな中、私はなぜピュアシルクにしたのか、を説明させてください。

・赤ちゃんが使っても大丈夫だから

赤ちゃんが使っても大丈夫、というのが、ピュアシルクの大きなウリです。

そして実際にはそれはとても大きなメリットだと思うのです。

世の中にはアレルギー体質の人や、そこまでではなくてもちょっとした刺激でお肌に不調をきたしてしまうという人はいると思います。

実際私もそういうタイプで、3本化粧水を試すと1本はだめだった、なんてタイプの人なのです。

ですから、ほうれい線対策をしたいけど、成分が不安、というのが一番にありました。

そこでまず、いろいろな添加物が少ないものを、ということでピュアシルクを選んだのです。

無添加

ちなみに「ピュアシルクには入っていない成分」を紹介しておきますね。

香料、パラベン、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、アルコールになります。

お肌にトラブルを起こしやすい人、気をつけている人は避けたいとおもう成分ばかりですよね。

・色々とわかりやすいから

ピュアシルクって、どうしてほうれい線がなくなるのか、薄くなるのかがとてもわかりやすいと思いませんか?

1,ヒアルロン酸をお肌に取り入れます。

2,膨らみます。

3,ハリがでます。

これだけです。

もちろん、これだけのことを実現するのには、色々と苦労があったのでしょうけど、使う側としては、理屈がはっきりしていてかつシンプルなもののほうが納得をして使えるのではないでしょうか?

また、これは後日説明したいのですが、会社としてもユーザーへの対応もとてもシンプルなのかもしれないな、と感じたりもしました。

さらにピュアアンドシルクの詳細を見たい方はこちら>>

ピュアシルク2週間たちました

ほうれい線、人によっては5歳から10歳老けて見えるようになるってしってました?

10歳老けて見えるって、かなりの大惨事だと個人的には思うのですが、どうなんでしょうか?

そういったことが恐ろしくて、早めの対応としてピュアシルクを使い始め、はや2週間がたちました!

使い始め 2週間後

使い始め

ピュアアンドシルクの使い始め

2週間後

ピュアアンドシルクを使い2週間後

写真ではわかりづらいかもしれませんが、自分としては鏡でみるとかなり違いを感じます。

あと、なぜか、写真には撮っていないのがとても残念なのですが、ほうれい線があまりない方の右側のほうれい線が更に薄くなってちょっと驚いています。

こういったことを考えると、早めの対処のほうが効果が出やすいのかな?

なんて感じています。

■ピュアシルク応用編

ピュアシルクの使い方は以前に説明をした思うのですが、実はピュアシルクには応用編があります。

応用編

上の部分が以前説明をしたピュアシルクの使い方です。

そして下が応用編。

ピュアシルクは、中でヒアルロン酸がなんと30倍にも膨れることでシワを押し上げ、ハリ、弾力を取り戻してくれるというもの。

なのでほうれい線だけに効果があるってことではないようなのです。

目元にも使えるっていうのがありがたいですよね。

ちなみに私はほうれい線が左がはっきりしていて、なおかつ目の下の涙袋の下にたるみっぽいシワがあるのです。

右には全然ないのに、左のところだけ。

ほうれい線

なのでここにも、応用編のとおり、点在をしてつけて、そこからさらに叩き込む、というのを行なってケアをしています。

ここも変化があるといいな〜。

■ピュアシルクに同封されていたもの

ところで、一番最初に本来はレビューしておきたかったのが、このピュアシルクに同封されていたものなのです。

同封物

ピュアシルク以外に入っていものはこれだけなんです。

これって私はとても驚いたのですが、ご覧になっている人はどう思いますか?

何に驚いたのかというと、この用紙の少なさです。

コスメ、美容グッズ、サプリメントなどを購入すると、大体の場合その会社の他の商品の広告が山のように入ってきたりするものです。

こういうふうに枚数が少ないって、会社としてとてもシンプルで、真面目に向きあってくれてる感じがしませんか?

私は、この袋を開けてまず「返金について」という説明の紙が目に入ってきて、すごい安心感を感じました。

説明書

返金、返品について隠すことなく、堂々とわかりやすく案内をしてくれる。

当たり前のようで、あまり当たり前でないことをこうやって行なってくれるので、しっかり使って見ようと思います。

全く効果がなかったら、返品も試すかもしれませんね(笑)

さらにピュアアンドシルクの詳細を見たい方はこちら>>

ピュアシルク 1ヶ月使ってみました。

ほうれい線の悩みというのは、意外に早くから始まっているものではないでしょうか?

私も30代なかばですが、この先ほうれい線がはっきりしてくるのかな?

という不安から、最近ピュアシルクを使い始めました。

そしてピュアシルクを使い始めたのが、一ヶ月前になります。

使用前

そしてこれが最近の写真

1ヶ月後の写真

写真では少しわかりづらいかもしれません。

しかし本人的にはかなりはっきり、違いを感じています。

そして個人的になにより違いを感じたのが、目元です。

目元は最初すぐに使い始めたのではありませんが、数日たってからふと思い立って使い始めました。

その時の写真がこれです。

目元

そして最近の写真がこれになります。

1ヶ月後の目元

これはけっこう違いがわかるのではないでしょうか?

しっかりとシワになっている目元と、しわがうっすらとなっている程度のシワ。

私は左側を下にして寝るクセがあるせいか、年齢の割りには左の目元の下側だけあるシワがけっこう気になっていました。

それがかなり薄くなっているのです。

正直なところ、ほうれい線より、こちらにきいたのでは?

とすら思っていたりします。

■ピュアシルクをつかってみての総合評価

*使い心地

使い心地はとてもよいものでした。

さらっと伸びる、気持ちのよいクリームで、塗った瞬間から染みこんで来るのがわかります。

お風呂上りにとりあえず塗るようにしていたのですが、そのあとつい化粧水などを使うのをわすれていまうと、突っ張っている感じが塗った部分だけ全くないのがわかるくらいです。

*効果

効果は上の写真の通りといえるでしょう。

ほうれい線にも結構効果を感じています。

はっきりとなくなった、とは言えないのですが、現状では少し薄くなっていったかな?と思うのです。

考えてみれば年齢とともに深くなるはずのほうれい線が、薄くなっていくということはありがたいことと言えるでしょう。

*コストパフォーマンス

コスパは現状ではよくありません。

というのも、正直そんなに効果があるとは思っていなかったので(失礼ながら)

1回だけのコースで購入をしたのです。

定期購入であんまりかうのもなーと思ったもので。

しかし、これくらいの効果がみられるのであれば、定期コースで購入をすれば一ヶ月5000円もしないで購入をできるわけですし、ほうれい線対策を考えたい人であればそれほどの値段ではないと考えられます。

そして実は、私はまだ全然ピュアシルクを使い切ってないのです。

実は結構残っているので、ピュアシルクの定期購入のお休みをいれたりしながら使っていけば、もっとコスパはよく使えるのかなーとおもっています。

このあたりは、ピュアシルクは臨機応変に対応をしてくれるようなので、一度お問い合わせで確認をしてみると良いかもしれません。

*総合評価

ピュアシルク、私には一定の効果はありました。

ただ、劇的なものか?といわれると、それほどではありません。

けど確実に使っていく事で、薄くなって行ったり、老化を防止できたりと、堅実な効果を得られる点は気に入っています。

また、正直いけないことですが、いきなりつかってもお肌のトラブルにならなかった点も評価したいです。

あと、潤いを与えてくれるコスメとしては最高です。

お風呂上りにつけると、ぐんぐんと染みこんでいく感覚は正直クセになるといっても良いかも。

持ち運びもしやすく、それでいて持ちが良いので、5,000円近い値段が高いとは思わないと言えます。

さらにピュアアンドシルクの詳細を見たい方はこちら>>